マンションを所有するメリット 税法上の優遇制度を活用しよう :マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを所有するメリット 税法上の優遇制度を活用しよう

main_top


マンションを所有するメリット 税法上の優遇制度を活用しよう

超低金利時代の今、銀行に預金をしていてもほとんど利子は得られません。

そのため、株式投資や債券の購入、外貨建て商品の運用や先物取引など、投資を通じてお金を増やしている方も多いようです。

ここでは、マンションを所有する不動産投資についてご紹介いたします。不動産投資とは、マンションとしてマンションやアパートを購入し、家賃収入を得ることです。

マンションを所有することは、株や債券、外貨や先物などの運用に比べてリスクも少なく、また税法上の優遇制度を活用できるメリットがあります。

まず、マンションを購入する時や所有している期間に支払う諸費用が経費として認められ、収益から控除することができます。

たとえば、ローンの金利、振込手数料、建物の減価償却費、修繕費などは、すべて必要経費に計上することができますので、マンションを購入した際や所有している間に支払ったものは、領収証を保管し、費用の明細を記録しておきましょう。

また、不動産所得が赤字になったとしても、給与等その他の収入と相殺することができ、税金が還付される場合もあります。

マンションに関する損益をしっかり把握しておくことが大切ですね。

さらに、相続や贈与が発生した際、マンションを所有しておくと節税効果が期待できます。

相続や贈与が生じた時点での不動産評価額が課税対象となりますので、現金・預貯金を保有している場合より税金が減額されます。

税法上の優遇制度を活用して、マンションをより効率的に運用したいものですね。

side_top
↑このページの先頭に戻る