マンションを決めるポイント~収益性に注目しよう~:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを決めるポイント~収益性に注目しよう~

main_top


マンションを決めるポイント~収益性に注目しよう~

ゼロ金利時代が続いている今、お金を銀行に預けているだけではお金を増やすことは期待できません。

株式や債券の運用、外貨建て商品の購入や先物商品取引など、高利回りの投資を行いお金を運用している方も多いでしょう。

最近注目を集めているのは、マンションを購入し、賃料収入を得て利益を上げる不動産投資です。

購入したアパートやマンションを第3者に賃貸することにより、毎月決まった賃料を見込める点が不動産投資の魅力です。

不動産投資で失敗しないためのコツは、マンションをしっかり決める目を養うことでしょう。

せっかく高額のお金を払って購入したものの、借り手がつかなかったり、設定していた賃料を引き下げなくてはいけなかったりすると、大きな損失が生じます。

多くの借り手がいると、必然的に賃料も高めの設定が可能になります。そんな魅力的な物件を見つけだすことができると、高利回りの運用成果が期待できるのです。

日ごろ、不動産や不動産取引にあまり馴染みのない一般の人々にとって、マンションを見出すのはなかなか難しい点もあるでしょう。

物件の需要を決める条件は、日当たりや眺望、建物の耐用年数や設計構造、利便性や住環境など、視覚的に捉えられる条件から全体的なイメージや土地柄、歴史や将来性など、多岐にわたります。

また、メリットとデメリットがとなり合わせになっているケースもあります。

たとえば、駅に近く、交通の便利はすぐれているものの、電車や車の騒音や排気ガスが著しい場合、逆に、緑に恵まれ閑静な環境に恵まれているものの交通手段が不便なケースなどがあります。

固定観念やひとつの条件のみにとらわれず、相対的な判断を行い、収益性をはじくことが大切ですね。

side_top
↑このページの先頭に戻る