マンションを決めよう~マンションに向いているのは新築か中古か~:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを決めよう~マンションに向いているのは新築か中古か~

main_top


マンションを決めよう~マンションに向いているのは新築か中古か~

銀行にお金を預けていてもほとんど利子のつかない超低金利時代の今、不動産投資への関心と人気は高まっています。

購入した不動産を第3者に賃貸することにより賃料を得る不動産投資において大切なのは、マンションを決めることです。

実際にマンションを購入する際、新築の建物を選ぶか中古建物を選ぶか、迷う方も多いのではないでしょうか。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、両者を比較し、しっかり検証してみましょう。

新築物件を購入する場合は、なんといっても購入価格が高額です。

また、更地から建物を建設する場合には、建設に伴う諸手続きと時間がかかるという点も考慮しましょう。

しかし、新築の場合は、最初はある程度賃料を高めに設定できる点、耐用年数が長い点、数年間は大規模修繕が不要である点などのメリットもあります。

それに対して中古物件の場合は、購入価格が手ごろであること、購入してすぐに賃貸できる点などが魅力的ですが、リフォーム代や思わぬ修繕費が発生する可能性もありますね。

どちらがいいとは決め難いのですが、築浅の中古物件などは、両方のメリットを少しずつ有していて、購入対象に向いていると言えるかも知れませんね。

日ごろ不動産や不動産取引に馴染みのない人々にとって、マンションを選ぶのはなかなか難しいものです。

物件を購入する前に、不動産業者の意見だけではなく、利害関係のない不動産鑑定士や不動産コンサルタントなどから客観的なアドバイスを受けるのも参考になり、非常に役に立ちますよ。

side_top
↑このページの先頭に戻る