マンションで高収益を目指す!違法建築物件かどうか事前の確認が必要です:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションで高収益を目指す!違法建築物件かどうか事前の確認が必要です

main_top


マンションで高収益を目指す!違法建築物件かどうか事前の確認が必要です

一般の人々にとって、不動産の売買取引は生涯の中でそう何度もあるものではありません。

不動産投資に興味がおありの方は、マンションの購入に踏み切る前に、ある程度不動産に関する知識を習得する必要がありますね。

不動産や取引について理解を深めることにより、不動産投資のリスクは大幅に軽減されるどころか、逆にとても有利になると思います。

まず、建物つきの不動産を購入する際には、違法建築物件かどうか、事前にしっかり把握することが大切です。

立地や利便性、まわりの環境なども良い上に売り出し価格が安いといった好条件がそろっているにも関わらず、なかなか買い手がつかないケース。

長期間売り出されている物件で、年々売り出し価格が下がっているケース。金融機関からの融資金額が少ないケース。

もしかしたら、建築物件に違法性があるかもしれません。

違法建築とは、建築基準法や条例などに違反している建物のことで、北側斜線規制違反、容積率オーバーなどがあります。

建物に違反がある場合、所有者は、行政の建築指導課などから行政指導を受けることになります。

もちろん、ただちに指導に応じて改善できれば問題はないのですが、違反箇所を改善するには多額な工事費用が発生する場合もあります。

このようなトラブルを避けるためには、投資用物件として、違反建築物件を購入するのは避けた方が賢明かもしれません。

side_top
↑このページの先頭に戻る