マンションを購入時に気を付けたいこと~関係業者の経営状況もチェックしよう~:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを購入時に気を付けたいこと~関係業者の経営状況もチェックしよう~

main_top


マンションを購入時に気を付けたいこと~関係業者の経営状況もチェックしよう~

マンションを選ぶ時は売主や販売業者、不動産業者等の経営状況にも目を向けましょう。

一般の人々にとって不動産取引は、日ごろ馴染みの少ないもので、知識や情報不足により思わぬ損失をこうむる可能性もあります。

2000年から施行された住宅の品質確保の促進等に関する法律についてご存知でしょうか。

この法律により、新築住宅の基本構造部分について最低10年間、瑕疵担保期間が設定されるよう義務付けられました。

不動産は大きな買いものなので、やはりこのような保証制度はユーザーにとってありがたい制度と言えます。

でも、注意したいのは、この保証を行う業者の経営状況です。10年保証を行う主体である不動産の売主が倒産してしまった場合は、十分な保証を受けられません。

そのため、不動産の売り手、販売業者、仲介を行う不動産業者等の経営体質も事前に調べておく必要があります。

最近では、不動産鑑定士などを中心に、不動産コンサルタントサービスも展開されています。

利害関係のない不動産のプロに相談することで、関係業者の経営状況、経営姿勢、過去の実績やトラブルの有無などに関する情報を得ることができます。

少しでも多くの情報を得て、積極的に活用することで、不動産投資のリスク軽減に役立てましょう。

side_top
↑このページの先頭に戻る