マンションを購入し、不動産投資に挑戦!資金調達はしっかり検証しよう:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを購入し、不動産投資に挑戦!資金調達はしっかり検証しよう

main_top


マンションを購入し、不動産投資に挑戦!資金調達はしっかり検証しよう

不動産投資を行うためにマンションを購入する際、資金調達について念入りに検証することが重要です。

この試算をおろそかにすると、得られるはずの利益を取り損ねたり、思わぬ損失をこうむったりする可能性もあります。

たいていの方は、自己資金と不動産ローンを組み合わせて購入することが多いようです。

試算に当たって大切なのは、自己資金がいくら確保できるか、ということでしょう。

少しでも多く用意できればそれに越したことはないのですが、不測の事態に備えて、やはりある程度の現金・預金は手元に残しておきたいものです。

無理のない範囲内で調達できる自己資金を計算しましょう。

次に、ローンの金利と返済方法をシュミレーションしましょう。

金融機関によって金利やローンの審査条件が異なりますので、複数の金融機関と事前に打ち合わせを行うべきですね。

金利自体はわずかな差であっても、返済期間が長期にわたると、利息を含めた返済総額はトータルで大きく変わってきます。

また、毎月の返済額やボーナス時の返済額の影響も大きいので、支払い計画を一覧表にし、最終的に支払う総額まで算出したいものです。

ただ、返済額を高額に設定すると、日々の生活への支障も生じてきますので、ゆとりをもった返済計画を立てることが大切ですね。

ローンの返済期間中にある程度まとまった資金を確保できれば、繰り上げ返済を行うと利息の支払い額が減り、その後の返済にゆとりが出てきます。

金融機関の窓口の方だけではなく、ファイナンシャル・プランナーなどのアドバイスを受けると、お得な情報を得られますよ。

side_top
↑このページの先頭に戻る