マンションを決めるポイント:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを決めるポイント

main_top


マンションを決めるポイント

不動産投資で成功するかどうかは、どのようなマンションを選択するかという点にかかっています。

不動産投資における最大の出費が、物件を取得する費用、つまり対象不動産の購入価格なのです。

ローンを組む場合は、物件の本体価格によって、トータルで支払う利息も大きな影響を受けます。

でも、ただ安ければよいというわけでもありません。需要と供給のバランスによって価格は決まります。

条件の良い物件の価格はやはり高くなりますし、不利な条件が多い物件は、買い手が少なく、必然的に価格も下がります。

条件が悪すぎると、せっかく購入しても、借り手がいなかったり賃料を下げざるを得なかったりして、結局損失をこうむる可能性もあるのです。

できるだけ好条件の物件を、できるだけ安く購入したい。この点に注目して物件を探すと、競売物件には、お得な物件が多いようです。

競売物件とは、債務の支払いができなくなった人や企業の不動産を裁判所が差し押さえ、売りに出された物件のことです。

売却によって得られたお金は、裁判所の手続きを経て債務の弁済等に充当されます。競売物件において特に割安感があるのが、建物付きの土地です。

破格の安さで売りに出されている物件も多くあり、大変魅力的ですが、その一方でデメリットもいくつかあります。

競売物件は落札するまで建物の中を見ることができないというリスクがあるのです。

そのため、建物価格は最初から低めに見積もり、大々的なリフォームや建て替えを行うつもりで試算する必要もありますね。

また、住宅ローンを利用しにくい場合もありますので、金融機関との事前の打ち合わせが必要です。

side_top
↑このページの先頭に戻る