マンションを決めるコツ~中古物件は投資に向いているか~:マンションの収益力について

main_top_over_navi
  • トップ
  • >
  • マンションを決めるコツ~中古物件は投資に向いているか~

main_top


マンションを決めるコツ~中古物件は投資に向いているか~

不動産投資の成功のポイントは、いかに収益性の高い物件を選べるかにかかっています。

「賃料×部屋数」が主な不動産収入になりますので、賃料を少しでも高めに設定でき、空き室のない状態が継続されるような物件を選ぶことが理想です。

では、どのような点に注意して物件を決めるとよいのでしょうか。

まず、新築物件か中古物件かによって、必要な資金やローンの返済期間、修繕費などの費用は大きく変わってきます。

もちろん、収入部分である賃料の設定額や予測される稼働率(もしくは空き室率)にも影響が出てくるでしょう。

新築物件にも中古物件にもそれぞれの魅力と欠点があります。ここでは中古物件の投資性について考えてみたいと思います。

中古物件の魅力は、やはり購入価格のお手ごろ感ですね。手持ちの資金が少なくても購入できたり、ローンの返済期間が短縮されたりするメリットがあります。

その一方で、リフォーム代や大規模修繕費など、思わぬ出費もかさむ場合があります。

また、外観や内部の設備が古くなってくると、借り手にも敬遠されがちです。稼働率を上げるためにも、きちんとしたメンテナンスは欠かせないでしょう。

その点も試算に入れた収支計画を立てたいものです。

最近では、中古物件の購入時にも、一級建築士や不動産鑑定士などの検査や査定を受ける方も多いようです。

不動産は大きな買い物なので、購入前に一度、プロの目で物件を見て頂き、アドバイスを受けると安心ではないでしょうか。

side_top
↑このページの先頭に戻る